好酸球性副鼻腔炎の再発!?手術から10週間、治りが悪くなってきた。

日々の出来事 病気・ケガ
Array ( [0] => Array ( [parent] => 0 [slug] => daily [name] => 日々の出来事 ) [1] => Array ( [parent] => 1064 [slug] => sick [name] => 病気・ケガ ) )
スポンサーリンク

ショックを隠せないカズヤ(@kazumiso_s)です。

持病である、「好酸球性副鼻腔炎」の手術から早二ヶ月。

術後の薬を服用して2ターン目が終わったので、かかりつけの病院へ診察に訪れました。

そこでまさかの・・・。

スポンサーリンク

粘膜がよれよれ。悪化している・・・。

先月までは術後の経過は順調で鼻の中の粘膜は綺麗になっていると診察を受けました。

そこから一ヶ月。

院長先生に診てもらうと、鼻の中の粘膜の状態が悪い・・・と。

分泌物が出ていて、凸凹して荒れている箇所も・・・。

好酸球性副鼻腔炎の症状が出ているそうです。

ちゃんと薬は服用していたのですが、あまりよくない状態になってしまいました・・・。

ここ一ヶ月は嗅覚の回復があまり実感できなかったのですが、このせいかもしれません。

薬を術後の量へと変更

2ターン目は1ターン目より薬を少し減らしましたが、今回の3ターン目は薬の量を元に戻しました。

処方された薬の内容は以下の記事を参照ください。

好酸球性副鼻腔炎の手術から一週間がどのような様子だったかのまとめ。
好酸球性副鼻腔炎の手術から一週間がどのような様子だったかのまとめ。
やっぱり好酸球性副鼻腔炎だったカズヤ(@kazumiso_s)です。先日おこなった副鼻腔炎の手術から一週間ちょっとが経過しました。嗅覚障害を治す!好酸球性副鼻腔炎の手術が無事終了したので術後の様子をまとめてみた。一安心したカズヤ(@kazumiso_s)です。長年嗅覚障害を患わっていて、昨年末に国の難病である「好酸球性副鼻腔炎」という病気の疑いが判明しました。難病「好酸球性
こちらの記事を読む

まとめ

3ターン目が終われば術後3ヶ月経過したことになります。

次の診察でCT撮ったり嗅覚検査をしたり、手術前に実施した検査を再度行い回復具合を診てみるとのこと。

また2万円近く飛びそうだ・・・。

鼻の中の状態が心配ではありますが、処方された薬をしっかり服用し引き続き治療に臨みたいと思います!

それじゃ、また。

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。