安くて無駄のない自動車保険はどこ? 一括見積りサービスを利用して保険料の見直しをしよう!

お金のこと お金の節約術
スポンサーリンク

安くて満足できる自動車保険はどこ? 一括見積りサービスを利用して保険料の見直しをしよう!

< 2017年3月時点の情報となります >

母の自動車保険更新担当のカズヤ(@kazumiso_s)です。

6年位前に母が契約している自動車の任意保険料を見てビックリしました。

ニッセイで契約していたもので毎年4万円以上を支払っていました。

詳細な保険内容を忘れてしまいましたが、当時HONDAの軽自動車に乗っていて年間5,000kmも走らない日常使用なのに保険料があまりに高すぎ。

当時、損保関係のお仕事に携わっていたのでもっと安い保険があることを知っていた僕はニッセイの更新タイミングを機に安い損保へ契約を変更しました。

それ以来、毎年任意保険の更新は僕が担当しています。

そして今年も更新時期がやってきました。

ニッセイの契約を見直してからはずっとソニー損保を契約していましたが、

もっと安く契約できる任意保険会社があるのでは?

と、6年振りに任意保険の見直しを行うことにしました。

スポンサーリンク

無駄に自動車保険を払っていないか?一括見積りサービスを利用して自分にあった保険を探す

任意保険を探すといっても、取り扱っている保険会社は数多く存在します。

この中から自分の利用環境にあった保険を探すのって面倒なんですよね・・・。

生命保険と同じです。

僕も一度はニッセイからソニー損保に切り替えましたが、それ以来は更新時期が来る度にそのまま継続してました。

しかし今年からは母が所有する車を運転する人の年齢が全員30歳を超えりこともあり、それなりにしっかり調べてみて元々契約していた補償内容とあまり変わらず、年間保険料が安い自動車保険を探してみることにしました。

自動車保険の一括見積りサービスを行っている所で、見積もり対象となる会社の数が多い「保険の窓口インズウェブ」を使用!

運営会社がSBIホールディングス株式会社で、証券会社などもグループ企業として持つ大手なので信頼して利用しました。

こちらの一括見積りサービスを利用した場合、どのような手順で進めて行くのかまとめてみました。

見積もりを出す時は現在加入している自動車保険があれば保険証券を、加入していない場合は車検証などを手元に用意しておきましょう!

一括見積り開始!

まずは、保険の窓口インズウェブのサイトにアクセスして、”一括見積りスタート”という部分をクリック。

最大20社の保険会社の見積もりを一度に出してくれるので手間が省けます。

車の情報を入力

最初は車の情報の登録です。

項目に沿って設定しましょう。

保険契約の加入状況や使用状況

続いて現在自動車保険に加入してるかどうか、主な使用状況についての回答です。

年間走行距離などを設定しましょう。

この見積もりで入力する内容は本申し込みの際に変更可能なので間違っていても問題ありませんが、保険料が大きく変わってくるのでなるべく正確に設定することをオススメします。

現在の契約内容の確認

現在、自動車保険に加入している場合は会社名や保険の満期日、等級などを入力していきます。

保険契約の情報

保険契約の情報では見積もりを出したい情報を設定しましょう。

現在加入している保険と同じ内容で良ければ保険証券を参考にしながら設定しましょう。

改めて見直したい場合などは増額したり減額したり調整しましょう。

一括見積りの完了

全て入力し終えると、一括見積りの完了です。

僕が今回見積もりを出した中で請求対象となったのは6社となりました。

20社の中から最適なものをピックアップしてくれます。

画面下の”見積もり結果はコチラから”という部分をクリックしてみましょう。

見積もりした保険料の一括確認

見積もり対象となった会社の保険料は一覧で確認できます。

主な補償内容+一括払い時の年間保険料を確認することができます。

メールで確認が送られてくる

見積もり時に登録するメールアドレス宛にも会社ごとからメールが送られてきます。

こちらでも見積保険料が確認でき、メール内に本申し込みへのリンクが貼られているのでそこから申し込みに進むことが可能です。

一括見積もりは以上になります!

あとはそれぞれの保険会社の中からチョイスすればOKです!

もちろん、補償内容は本申し込み時に自由に変更がですのでご自身の希望に沿って変更していきましょう。

各保険会社で詳細に見積もりして最安を探してみた

僕が見積もった中でヒットした会社の中から5つ選び、現在契約しているソニー損保の継続更新した場合の料金を比較してみました。

対象会社は以下の通りです。

  • アクサダイレクト(新規)
  • イーデザイン損保(新規)
  • セゾン自動車火災(新規)
  • SBI損保(新規)
  • チューリッヒ(新規)
  • ソニー損保(継続)

それぞれ補償内容はほとんど同じに設定して改めて見積もりしました。

アクサダイレクト

アクサダイレクトでは年間保険料が16,500円でした。

インターネット割引が2,000円と安いのが難点ですね。

他社なら10,000円は期待できます。

AXAプレミアムロードサービスとしてロードサイドサービスやレッカーサービスが24時間365日無料で使用できるメリットはあります。

イーデザイン損保

イーデザイン損保では年間保険料が16,300円でした。

インターネット割引が新規申し込みでも継続申し込みでも10,000円割引されるので継続する場合もお得です。

また契約後1年間無事故だった場合は翌年の保険料が2%オフとなる無事故割引が利用可能です。

ただし、他社は特約なしに設定できる”弁護士費用等補償保険”などが自動付帯されるため保険料がやや高くなっています。

元々この特約を付けたいという方ならお得な保険ですね。

セゾン自動車火災

セゾン自動車火災のおとなの自動車保険では年間保険料が13,380円でした。

こちらもインターネット割引が新規申し込みでも継続申し込みでも10,000円割引されるので継続する場合もお得です。

加えてALSOK事故現場安心サポートというサービスが付帯されるので、事故を起こした場合などにALSOKが駆けつけてくるので安心。

ただしロードアシスタンスサービスが特約になっているため、別途加入すると月額1,160円加算されます。

事故ではなく故障した時の保障を加えると保険料が増えます。

SBI損保

SBI損保では年間保険料が10,900円でした。

見積もった6社の中で最安値。

こちらもインターネット割引が新規申し込みでも継続申し込みでも10,000円割引されるので継続する場合もお得です。

加えてレッカーサービス、バッテリー上がりなどの緊急対応サービスなどのロードサービスが無料で付帯されています。

年に1回だけガソリンを10L補給してくれるというありがたいサービスも。

高速道路などでガス欠寸前になりそうな時などにあると安心!

10L分も考慮すると年間保険料が実質1万円以下になりますね。

かなりお得な自動車保険です。

チューリッヒ

チューリッヒでは年間保険料が13,780円でした。

インターネット割引が新規申し込みで2,500円、継続申し込みで2,000円割引と他社に比べると割引額が少ない。

加えてプラン申込み画面での特約料金や割引額がいくらなのかが分からず非常に使いづらい申込画面でした。

ロードサービスも特約で有料となるのであまりオススメしません。

ソニー損保

最後にソニー損保では年間保険料が23,520円でした。

こちらは継続した場合の保険料となるのでインターネット割引が2,000円となっています。

新規契約なら10,000円引きなので他社と同じように新規契約扱いだと15,520円ですね。

継続時にインターネット割引が2,000円に減額されるのがデメリット。

5年間継続してきたのでかなり損してました・・・。

ダイレクト自動車保険売上No.1を14年連続で獲得している保険会社なので実績は確かですが、継続時は他社に比べると高いですね。

ただしロードサービスが無料付帯されているのに加え、契約者優待サービスというものが特典でついてきます。

クラブオフサービスの利用だったり、ソニーストアの割引クーポンが使えます。

他社との保険料差額分をカバーできるほどお得ではなさそうですが・・・。

まとめ

6社で比較した結果、母の自動車保険は最安値でサービスも充実しているSBI損保へ切り替えることにしました。

年間で1万円以上も節約となったので少しは家計の負担も減らせそうです。

契約する自動車や保障内容によって保険料は大きく変わってきますが、複数社一括で見積もりを取ることは保険料見直しに非常に役立ちました。

この手の見直しは非常に面倒くさいですが、1~2時間で終わるので高い自動車保険料を支払っている方は是非チャレンジしてみてください。

自動車保険の一括見積もりサービスはいくつかあり、見積もりするとちょっとお得な特典がついてくるサービスもあるので是非利用を検討してみてくださいね。

それじゃ、また。

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。