覚悟がないなら使わないほうがいい。使ってみて分かった格安SIMのデメリット。

スマホやパソコン スマホのこと
スポンサーリンク

覚悟がないなら使わないほうがいい。使ってみて分かったデメリットだらけの格安SIM。

概ね満足しているカズヤ(@kazumiso_s)です。

無駄な通信費を削減すべく、ソフトバンクから格安SIMのFreetelへMNPしました。

結果、妻と2人で月に10,000円近くの節約に成功しました。

スマホ代を毎月1万円節約できる。無駄金を払いたくなければ格安SIMに乗り換え!
スマホ代を毎月1万円節約できる。無駄金を払いたくなければ格安SIMに乗り換え!
ようやく3大キャリアの呪縛から抜け出せたカズヤ(@kazumiso_s)です。中学3年生の時にドコモの携帯を持ち始め、機種変を幾度となく繰り返しiPhoneが出たことを機にソフトバンクへ乗り換えて初スマホを手にした。累計15年以上も携帯・スマホを使ってきたことになります。そんなスマホにかかる通信費を独身時代は月に1万5千円ほど支払っていてもなんとも思いませんでしたが・・・
こちらの記事を読む

ですが格安SIMは料金が安いことに引き換えに多くの我慢が必要になってきます。

安いからと言って安易に換えてしまうと後悔するかも知れません。

僕が使ってみて実際に感じた格安SIMの悪いところをまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

格安SIMの悪いところをまとめてみた

格安SIMを使い始めて一ヶ月程度ですが、乗り換えたあとすぐにそのデメリットを感じました。

毎月の安さを引き換えに得た代償はとても大きいです。

インターネットの回線速度がとにかく遅い!

格安SIMを提供している企業は大手キャリアと違って独自の通信回線を持っているわけではありません。

そのためDocomoなどの大手キャリアと比べて速度が遅くなるというデメリットがあります。

我が家は比較的速度が速いと言われている、”Freetel”という会社に乗り換えました。

それでもキャリアのインターネット速度と比較しても3分の1の速さが出ればいいほうです。

乗り換え前に使用していたソフトバンクは、東京都新橋駅に昼12時台で下りで40~50MBpsという速度が計測できました。

一方、乗り換えたFreetelは同条件で5~15Mbpsです。

これだけ違うとインターネット閲覧したりニュースアプリを開いたりした時に遅くなったことが体感できます。

利用ユーザーが多い時間帯は特に遅くなります。

  • 朝の通勤時間帯:7時~8時台
  • 昼休みの時間帯:11時~14時
  • 定時過ぎの時間帯:17時~20時

本当に酷い時はヤフーのトップページを開くのに1分以上かかったります。

この速度が遅いこと一番のデメリットに感じます。

テザリングはもっと遅いし繋がりにくい

モバイル回線を利用してタブレットやパソコンをインターネット回線に繋ぐテザリング。

帰りの電車でパソコンに繋いでブログを書いたりしていますが、やっぱり速度が遅い。

混雑時にはまったく使い物にならず諦めることもあります。

加えてテザリングが繋がりにくいこともしばしば。

調子がいい時は走っている電車内でもサクサク繋がるんですが・・・かなり不安定ですね。

そもそもテザリングに対応していない格安SIMもあるので要注意。

不測の事態が起きやすい

スマホにはSIMカードというものを差し込むことで、モバイル回線でインターネットに繋いだり通話したりできるようになります。

格安SIMへ乗り換えると、新しいSIMカードが届き今まで使用していたものと交換する形となります。

SIMカードを交換した後に格安SIM会社の回線が繋がることになりますが・・・

上手く繋がらなかったり通話しても声が聞こえなくなるなどのトラブルが発生。

大手キャリアではあまり考えられない事態ですが、格安SIMを利用するとこういったトラブルが起きやすいようです。

端末の再起動やスマホの設定の見直しや色々と対処方法はありますが、これらを自分で行わなければなりません。

詳しくない方にとってはハードルが高かったりすると思います。

サポートセンターの対応が酷い

これは大手キャリアにも言えることかもしれませんが、サポートセンターの対応がかなり酷かったです。

通話はできるけど声が聞こえない

という状況になってしまったので、通信に問題ないかを確認してもらうと電話をしました。

iPhone6を使っていてSIMを切り替えたばかり。

対処方法を教えてくれと聞いてみると・・・

Appleにお問い合せください。

と。

いきなりたらい回しにされ、ブチ切れそうでした・・・(笑)

端末は関係ないと、伝えると、

えー・・・・と、んー・・・確認して参ります。

と、誰かに確認してきたのか数分待たされて対応方法を伝えてきました。

たまたま担当のオネエチャンがいい加減だったのかもしれませんが、歴史と実績の浅い通信業者にしっかりとした対応は望めません。

大手キャリアなら店舗が各所にあるので対面で対応してもらえるので、不測の事態が起きた時は心強いですね。

格安SIMを使用していく上で、なにか問題が起きたときには自分で調べて解決できる力が必要になります。

端末購入や保障のサポートがない

大手キャリアで端末を買い替えた場合、24ヶ月は毎月割引がされますね。

この割引分を考慮すると端末の実質購入価格は大分安くなります。

ですが、格安SIMに乗り換え後はこのようなサポートが受けられません。

iPhoneの新モデルをApple Storeなどで別途購入して用意する必要があるため、端末購入価格として10万円近い額を支払う必要が出てきます。

毎月のスマホ利用料が安くなった分、端末購入価格は100%負担。

一つの端末を3年~4年という長期で利用したり、型落ちをオークションなどで安価で入手するなどしないと経済的負担が高くなってしまいます。

また、大手キャリアには毎月300円?ほど支払うと端末の保障をしてくれるサービスがありますね。

格安SIMにはこれらの保証サービスが充実していないので、破損させてしまった場合は修理代は自分で全負担です。

LINE Mobileでは月500円で端末保障サービスがあるので、一部の格安SIM業者では対応していそうですね。

しかし修理代100%を負担してくれるわけではないので、今まで以上に端末を大切に使うように心掛けることは必要です。

キャリア専用コンテンツが使用できない

Docomo、ソフトバンク、KDDIのキャリアのみ契約できるコンテンツの利用が出来ないというデメリットもあります。

僕の好きなアーティスト「SEKAI NO OWARI」のモバイルファンクラブは、このキャリアを契約していないと利用できないものでした。

格安SIMに換えたことで今まで常用していたコンテンツは解約することとなります。

キャリメールが使用できなくなる

大手キャリアには専用のメールアドレスが発行できますね。

XXXX@docomo.ne.jpとか。

これらが格安SIMでは使えなくなります。

このアドレスを各サービスの会員IDとして利用したりしている場合は変更が必要になります。

代用のメールアドレスとしては無料のフリーメールが有力ですね。

GmailやYahooメールなどなど。

サービスの登録用としてなら何も問題はありませんが、これらのフリーメールからガラケーの方へメールを送ると・・・

迷惑メール扱いで弾かれしまい、相手に届かなくなってしまう可能性が大です。

僕も妻も両親へメールが届かなくなり少々面倒でした。

有料にはなりますがショートメールで連絡をするか、相手側に自身のフリーメールアドレスのみ受信してもらうように設定を変えてもらわないといけません。

ガラケーでキャリアメールを使用している相手と頻繁に連絡を取り合っている場合はやりとりが面倒になります。

速度もそこそこ、お値段もそこそこな2社

格安SIM以上、大手キャリア未満の速度を誇るキャリアが2社あります。

Y!mobileUQモバイルです。

友人がY!mobileを使用していますが、ストレスなくインターネットが使用できました。

格安SIMに比べると毎月の料金がやや高く、プランの自由度低いことが難点ですが、速さをあまり犠牲にしたくないという方はオススメです。

また、この2社では専用のメールアドレスが発行できるので前述したフリーメールがガラケーの方に届かない問題が解消できます。

もっと柔軟にプランが選択できるようになればこの2社は文句なしのキャリアになるのに・・・残念です。

まとめ

まだ格安SIMを利用して一ヶ月ほどですがデメリットに感じたことは以上となります。

速度面ではまだまだ満足できるレベルには達していません。

慣れてしまえばそんなに問題視するほどにはなりませんが、あまりに表示が遅い時はイラッとしますね・・・。

実際に使ってみないとどれほど遅いのかということが分からないので感覚でしかお話できませんが、低価格なりの品質だということは覚悟しておきましょう。

周りに格安SIMを使っている方がいれば端末を借りてインターネットや動画を視聴したりしてみると一番いいですね。

大手キャリアから乗り換えるとデメリットに感じることは多くありますが、それでもスマホ代が2台で月額5,000円以下となるので経済的に助かります。

価格面を考慮すれば乗り換える価値は十二分にありますよ。

通信費が家計を圧迫しているご家庭は是非利用を検討してみてください。

それじゃ、また。

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。