スマホ代を毎月1万円節約できる。無駄金を払いたくなければ格安SIMに乗り換え!

お金のこと お金の節約術
スポンサーリンク

スマホ代を毎月1万円節約できる。無駄金を払いたくなければ格安SIMに乗り換え!

ようやく3大キャリアの呪縛から抜け出せたカズヤ(@kazumiso_s)です。

中学3年生の時にドコモの携帯を持ち始め、機種変を幾度となく繰り返しiPhoneが出たことを機にソフトバンクへ乗り換えて初スマホを手にした。

累計15年以上も携帯・スマホを使ってきたことになります。

そんなスマホにかかる通信費を独身時代は月に1万5千円ほど支払っていてもなんとも思いませんでしたが、結婚してお金の大事さを身に染みるになった途端・・・

もっと通信費を安く出来ないものか。

と、思うようになってきました。

子どもも2人になり、我が家はこれから教育費などお金がかかるライフステージへと突入しその思いがより一層強くなる。

ダラダラとソフトバンクを契約し続けてきましたが、家計を見直すべくまずは無駄の多いスマホの通信費を削減!

結果、毎月1万円近く節約効果が期待できるほどとなりました。

スポンサーリンク

3大キャリアから格安SIMに乗り換えて大幅な節約を実現する

Docomo、Softbank、KDDI(以下、3大キャリア)は誰もが知る企業です。

ほとんどの方がスマホの契約はこの3大キャリアにしていることでしょう。

実績もありメディアへの露出が多く、信頼感が高いため安心して利用できます。

しかし提供している料金プランが頻繁に変わり、仕組みが複雑且つ自由度が低く半ば強制的なものと変わりつつあります。

この手のスマホ契約関連に詳しくない方にとっては言われるがままに契約を結び、毎月高い通信費を負担しているのが現実です。

そこでここ数年話題に上がっているのが”格安SIM”と言われている、リーズナブルな料金設定の通信事業者が人気を博しています。

3大キャリアとは別の通信事業会社が提供しているサービスですが、基本的なことは3大キャリアと変わりはありません。

契約する際はそれぞれの会社が提供しているプランを選択し、SIMカードというものをスマホにセットすれば通話やインターネットが使えるようになります。

3大キャリアと比べて大きく違う部分は通信回線を独自に持っているか・持っていないかということ。

格安SIMというのは独自に通信回線を使用してサービスを提供するのではなく、3大キャリアの通信回線の又借りすることでサービス提供を実現しています。

会社は違うけどDocomoの回線を利用している

というイメージです。

そしてスマホの料金プランは格安SIMを提供している企業が独自で設定しています。

3大キャリアに比べるとインターネットの速度が遅くなったりするデメリットはありますが、その分月々の料金がグッと抑えられています。

我が家はソフトバンクからこの格安SIMに乗り換えたことで、夫婦2人で”毎月1万円弱”の節約に成功しました!

前置きが長くなりましたが、スマホの月額料金にどのような違いが出たのかをご紹介したいと思います。

Softbank利用時の支払料金

まずはソフトバンクを利用していた時の支払料金をご覧ください。

合計二人で合わせて毎月14,236円でした。

通話プラン 2,916円
(話し放題)
1,836円
(5分話し放題)
データ通信プラン 6,480円
(20GB)
5,400円
(5GB)
Web使用料 324円 324円
おうち割 △1522円 △1522円
小計 8,198円 6,038円
合計 14,236円

僕は仕事で通話を頻繁にかけることがあるため、通話は話し放題にしていました。

データ通信プランはiPhoneでテザリングという機能を使いノートパソコンでインターネットを頻繁に利用したいたので20GBプラン。

妻はほとんど通話はしないので話し放題ライト。

データ通信プランは3GBじゃ足りない月がちょこちょこあったので5GB。

必ず取られる謎のWeb使用料の324円も加算。

ここから自宅のインターネットをソフトバンク光にしていたので毎月割引が1,522円ありました。

無駄のあるソフトバンクのプラン

僕のデータプラン20GBというのは実際そんなに使わないのにちょうどよいデータプランがないため仕方なく選択することに。

そして妻の5分話し放題という通話プランは一度の通話で5分間は無料になるというもの。

ほとんど通話をしない妻には不要なものですが、強制的に選ばなければならないため無駄に1,800円も取られています。

そしてWeb使用料の324円、昔っから3大キャリアが付与してくるこの料金いい加減廃止して欲しい。

このように自由度が乏しく、ユーザーの利用頻度に合わせたプランが選択できないことが毎月のスマホ利用料を高額化させています。

格安SIMにすると2人で5,000円以下も十分可能

高額すぎるソフトバンクに嫌気がさし、ついに格安SIMへ乗り換えることに。

格安SIMを提供している企業は数多く存在しています。

色々調べて僕が最終的に選んだのは・・・

Freetel

という通信事業社です。

FREETEL(フリーテル)|高速通信SIMカードと高品質SIMフリー端末/格安スマホ
FREETELは業界初の「2年縛り無し」のMVNOです。高品質SIMフリースマホ・ガラケー・各種端末の製造販売、高速通信対応のSIMカードを提供しています。いわゆる「格安スマホ」への機種変・買い換え・乗り換えはFREETEL(フリーテル)に。
こちらのページを読む

データ通信プランが柔軟に選択でき、SNS系が使い放題となる所に惹かれました。

通信速度も早いと定評があったことも決め手。

Freetelに乗り換えた後の料金

Freetelではオリジナルの端末をセットで販売などしていますが、我が家はSIMカードだけを購入。

端末はSIMフリーのiPhone 6sとDocomo端末のiPhone6を用意。

柔軟に選べるデータプラン

Freetelはデータプランが細かく分かれていて、プラン選択の自由度が非常に高いです。

記事執筆時、選択可能なデータプランは以下の通り。

1GB、3GB、5GB、8GB、10GB、15GB、20GB、30GB、40GB、50GB

もちろん購入時に選択したデータプランは契約後も変更可能です。

Freetelの料金詳細ページをチェックしてみてください。

料金システム|高速の通信速度と充実の格安料金プラン FREETEL(フリーテル)の格安SIMカード
FREETEL SIMの料金システム・月額価格についての案内です。「FREETEL SIM」は、利用料やデータ通信・SMS・音声通話のご利用有無など、細かなニーズに沿った格安の料金プランをご提供しています。いわゆる「格安スマホ」への機種変・乗り換えはFREETEL。
こちらのページを読む

格安SIMの名に恥じない低価格

ソフトバンクと比較するとデータプランの料金が非常に低価格ということが分かります。

僕がソフトバンクで契約していた20GBプラン、ソフトバンクは6,480円、Freetelは5,570円。

妻が契約していた5GBプラン、ソフトバンクは5,400円、Freetelは2,220円。

同じデータ容量ですが妻は3,000円以上安くなります。

また、通話プランに関しても低価格。

3大キャリアのように常に話し放題という通話プランはありませんが、5分間話し放題という通話プランはあります。

ソフトバンクが1,800円に対してFreetelの場合は840円と1,000円弱安くなっています。

Freetelは専用の通話アプリを使用することが条件となりますが、ほぼ同じサービスでここまで違うものかと驚きです・・・。

Freetelで契約したプラン

Freetelに乗り換えた後のスマホ利用料は以下の通りです。

通話プラン 0円
(いつでも半額プラン)
0円
(いつでも半額プラン)
データプラン 2,840円
(8GB)
1,600円
(3GB)
小計 2,840円 1,600円
合計 4,440円+通話料

通話プランは話し放題は付けずに0円にして、話した分だけ料金が加算されるようにしました。

Freetelの専用通話アプリを使えばいつでも通話料が半額なので、今までの通話料を考えると毎月500円もいかない想定でいます。

LINEで通話すれば無料ですしね。

データプランに関してはソフトバンクの時より少なめに設定しました。

LINEなどのSNSが使い放題となっているのでその分を考慮した結果です。

その結果、二人分のスマホ利用料金が4,440円となりました!

ここに通話料が二人で500円~1,000円くらい加算されるとしても、ソフトバンクの時と比べて毎月9,000円ほど安くなったことになります。

もっと早く換えておけば良かった・・・。

まとめ

格安SIMにするとインターネットの速度が遅くなったり、端末購入時に割引サポートを受けられないなどのデメリットはあります。

そのため、

Youtubeを外出先で頻繁に視聴する、ゲームアプリをやりこんでいる、とにかくネット閲覧は快適じゃないと嫌、端末は1年に一回新モデルにしたい

という方には向いていません。

3大キャリアを使用している時に比べて我慢しなくてはならないことはありますが、毎月の利用料をグッと抑えられることができるので十分に恩恵を受けることはできますよ。

子育て世代にはオススメです。

我が家は無駄なスマホ利用料を削減し、浮いた分で長男の学資保険に充てました。

家計への負担を増やさずに貯蓄へ回せたので大満足。

格安SIMを使用してみて感じたメリット・デメリットは別途記事にしたいと思います。

こちらではスマホ利用料は大幅に削減できるんだということを知り、興味を持ってもらえたら嬉しいです。

それじゃ、また。

2017/04/13 追記

LINEモバイルに乗り換えをする際の手順もまとめています。

月額1,200円のLINEモバイルはスマホデビューしたいシニア層にオススメ。乗り換え方法を詳しく解説!
月額1,200円のLINEモバイルはスマホデビューしたいシニア層にオススメ。乗り換え方法を詳しく解説!
手続き簡単!カズヤ(@kazumiso_s)です。60歳になる母は11年間、KDDIで契約していたガラケーを使ってきました。携帯本体も一度も機種変せず・・・。そのため、僕がスマホから送った写真が見れないなんてことが度々起こっていました。11年前は便利だった携帯も今じゃ・・・”送られてきた孫の写真が見れない、写真は綺麗に撮れない、月額3,500円も支払い”
こちらの記事を読む

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。