会社員も副業で収益を得たら青色で確定申告。まずは申請書の提出から!

お金のこと 確定申告
スポンサーリンク

会社員も副業で収益を得たら青色で確定申告。まずは申請書の提出から!

<本記事の内容は2017年2月時点の情報となります。>

複式簿記に挑戦するカズヤ(@kazumiso_s)です。

先日は個人事業主になるために必要な開業届の書き方を投稿しました。

青色申告しよう!会社員が個人事業主として開業届を出す際の書き方。
青色申告しよう!会社員が個人事業主として開業届を出す際の書き方。
<本記事の内容は2017年2月時点の情報となります。>個人事業主になったカズヤ(@kazumiso_s)です。毎年2〜3月は確定申告の時期。会社員は給料以外の収入が年間20万円以上となった場合は確定申告が必要となります。ブログでの広告収入など副業で稼ぎがある方は対象となりますね。その確定申告をする際に”白色申告と青色申告”の2種類があります。この内青色申告する場合に
こちらの記事を読む

この開業届と同時に申請した方がよい、青色申告の承認を受けるための申請書も提出しました!

こちらも書いてみれば難しいことありませんでした。

開業届と同じように申請書の書き方をまとめてみました。

スポンサーリンク

税務署へ申請する青色申告承認申請書の書き方

青色申告承認申請書の用紙は以下のページよりダウンロードが可能です。

[手続名]所得税の青色申告承認申請手続|申告所得税関係|国税庁

自宅で印刷した用紙に記入をした上で税務署へ持ち込みチェックしてもらっても問題ありません。

また、税務署へ行くのが面倒・平日に休みを取ることが難しいという場合は郵送でも受け付けてくれます。

所得税の青色申告承認申請書(PDF/329KB)

というリンクがあるのでこちらからPDFファイルを参照して印刷しましょう。

個人情報の記載

会社員も副業で収益を得たら青色で確定申告。まずは申請書の提出から!

まず用紙の上の方から記入。

画像の番号とリンクしているので参考にしながらどうぞ。

1.税務署名と提出日

○○税務署長

この○○には自分の管轄となる税務署名を記入します。

分からない場合は以下のページより住んでいる地域を辿って行ってみてください。

国税局・税務署を調べる|国税庁概要・採用|国税庁

横浜市中区に住んでいる場合は「横浜中」税務署となります。

その下の日付は、

  • 税務署を持ち込む場合はその日
  • 郵送の場合はポストへ投函する日

を記入しましょう。

2. 3. 住所、電話番号を記入

自宅で副業している場合、2番の選択は”住所地”となります。

丸で囲うかレ点でチェック。

その下には自宅の郵便番号、住所、自分の連絡先電話番号を記入しましょう。

4. 5. 6. 氏名、生年月日

4番には自分の姓名、フリガナ。

5番には押印、認印で大丈夫でした。

6番には生年月日を記入しましょう。

7. 職業

開業届と同様に気をつけなければならないのが7番の「職業

何も考えずに書こうと思ったら会社員と書きそうになってしまいますが・・・ここは副業としての職業ですね。

私は”Webサイトの運営と記入しました。

8. 申告開始の年

8番にはいつから青色申告で確定申告をしたいかを記入します。

私は今年(平成29年)としました。

9. 10. 事業所の名称と所在地

会社員も副業で収益を得たら青色で確定申告。まずは申請書の提出から!

9番の事業所の名称は特にないので空欄のまま。

10番には自宅住所を記入しました。

11. 所得の種類

11番の所得の種類は”事業所得”をチェック。

白色申告だと雑所得となりますが、青色申告することで事業所得で確定申告することになります。

12. 青色申告承認の取り消し

12番の青色申告承認の取消有無について。

私は過去にそのような例がないので”無”をチェック。

13. 業務を開始した年月日

13番は新たに業務を開始した年月日。

提出した日付けで問題ありませんでした。

14.相続による事業承継

14番はこの事業を相続したかどうかの選択。

私は該当しないので”無”をチェック。

15. 簿記方式

会社員も副業で収益を得たら青色で確定申告。まずは申請書の提出から!

青色申告では複式簿記と簡易簿記のどちらかを選択することができます。

この選択で控除額が大きく変わってくるので重要です。

私は”複式簿記”をチェック。

確定申告時に貸借対照表と損益計算書を提出すること条件となるためかなり面倒にはなりますが、クラウド会計サービス「MFクラウド確定申告」を利用しているので上手に利用して乗り切りたいと思います。

尚、複式簿記の場合は65万円控除、簡易簿記は10万円控除とかなり差があるので頑張る甲斐はありますよ。

16.備付帳簿名

16番は青色申告する際に備付ける帳簿の選択となります。

署員さんに聞きながらチェック。

記入項目は以上です。

まとめ

開業届と同じように特別難しい箇所はありませんでした。

税務署で署員さんに確認してもらいながら記入しましたが10分もかかっていません。

これだけであれば郵送でも問題なさそうですね。

青色申告したい年の3月15日までに承認を受けないと青色申告できません。

希望される方は早めに手続きしましょうね。

また今まで白色申告していた方も承認を受けることはできますが、青色申告できるようになるのは翌年からとなるそうです。

白色申告も青色申告も確定申告の時にやらなければならないことは変わらないので、特別控除がでる青色申告の方が断然お得です。

申請は一度だけ行えばよいので手間を惜しまず申請しましょう!

それじゃ、また。

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。