「ベターッと開脚」の本を買って4週間実践してみた結果、効果はあったけど表紙に騙されたことに気付く。

美容・健康 ダイエット
スポンサーリンク

「ベターッと開脚」の本を買って4週間実践してみた結果、効果はあったけど表紙に騙されたことに気付く。

休むことなくストレッチを続けたカズヤ(@kazumiso_s)です。

子供の頃から体が硬くて前屈とかが苦手だったけど、ダイエットのために一念発起して毎日ストレッチをしようと決意。

何から手を付けていいのか分からなかったので、100万部を売り上げたベストセラー本「どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法」を購入!

・・・何ヶ月も前に。

体は硬いのに决意は緩く、買って満足してずっと放置してた・・・

が、2017年の年始にいい加減チャンレジしよう。と決め、ようやく重い腰をあげて実践しました。

その効果をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

4週間でベターッっと開脚なるか実践!

「ベターッと開脚」の本を買って4週間実践してみた結果、効果はあったけど表紙に騙されたことに気付く。

本書は4週間で体が硬い人でもベターッっとなれるストレッチ法を取り上げているもの。

基本となるストレッチ法が2つ、週替りのストレッチ法が1つ。

合わせて3種類のストレッチを4週間に渡って毎日行うことをプログラムとしています。

3つ合わせても所要時間5分ほどで終わる内容です。

これを毎日欠かさず行い、1週間ごとにどれだけ効果が出ているか写真を撮りました。

ベターッっと開脚チャンレジした結果

「ベターッと開脚」の本を買って4週間実践してみた結果、効果はあったけど表紙に騙されたことに気付く。

ストレッチに挑戦する前の状態はこちらです。

週替りのストレッチが終わった翌朝、寝起きで毎週変化を撮影。

週ごとの変化は以下の4枚。




はい。

4週間毎日欠かさず本書の内容を忠実に従いストレッチ行いましたが、ベターッとはなりませんでした。

表紙の女性のようになれることを夢見ましたが・・・無理!

3週間目から”これ無理でしょ”って思いながらも続けました。

でもまぁ、それなりに柔らかくなったことは確かなので少なからず効果は出たことは実感できています。

ガムテープ貼って進歩度合いを可視化

写真を取る度にどれくらい柔らかくなったかをガムテープで見える化しました。

一番下がお尻の部分で、上が指先の位置。

腕を前に伸ばして届いた指先の位置の変化。

実践前は103cmの位置でしたが、4週間後は119.5cmまで伸びました。

この伸び率が高いのか低いのかさっぱりですが、効果は数字にも現れた!

それにしても字きったねぇなぁ(笑)

衝撃的な事実が後で分かる。

4週間ストレッチをこなした後、自分がなにか間違ったストレッチをしていたのではないか?と思い、本書を読み直そうとページをパラパラっとめくると衝撃的な事実が判明。

・・・

・・

「両ひじ」が床につけば、開脚達成

なんだそれ!!!!!

まとめ

いつから両ひじが床についていたのか分からないけど・・・4週間後には余裕でつけられるようになっていた。

これで本書の目的は達成したことにはなり、毎日続けることでしっかりとら効果は出た。

しかし4週間という期間で表紙の女性のように足が180度開き、胸と腹がベターッっと床に着くストレッチ法だと謳っているように見えるのはいかがなものかと。

書籍名が「どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法」なので嘘ではないけど、どうにも腑に落ちないなぁ。

理想はこんな感じだったんだけど・・・

子供ってなんでこんなに柔らかんだ・・・(゚д゚;)

信じられん。

ここまでになるにはどれだけの時間を要するのか・・・騙されたと思ってこれからも続けてみよう。

ちなみに本書の内容は1割がストレッチ法、残りの9割は参考にもならない小説になっていた。

ストレッチ法を知るだけなら無料で公開されているYoutubeで十分。

毎日にストレッチを取り入れるいいキッカケにはなったので損したとは思ってないけどね。

それじゃ、また。

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。「好酸球性副鼻腔炎」という難病かもしれない?嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。