節税になるからお忘れなく! 薬などの医薬品費用で所得控除を申請できるようになった!

お金のこと お金の節約術
スポンサーリンク

節税になるからお忘れなく! 薬などの医薬品費用で所得控除を申請できるようになった!

これは覚えておきたい税制だ!カズヤ(@kazumiso_s)です。

2017年1月1日よりセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)という制度が開始されました。

ドラッグストアなどで購入した医薬品類の費用を対象に所得控除できる節税制度です!

覚えておいて損はないですよ〜!

スポンサーリンク

セルフメディケーション税制が2017年より開始。医薬品で所得控除

風邪をひいたりアレルギーがあって薬を服用する方も多いはず。

症状が軽く病院へ行くほどではないと、ドラッグストアなどで薬を買ったりしますよね。

その他には湿布や目薬、胃腸薬などなど。

医薬品代も塵も積もればなんとやら。

年間通して考えてみると結構が額になったりするものです。

でも2017年からはセルフメディケーション税制を利用すればちょっと負担が軽くなります!

どんな制度かをチェックしていきましょう!

1年間の間に1万2千円以上購入した場合が対象

厚生労働省のセルフメディケーション税制説明ページによると、

健康維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取込を行う個人が、平成29年1月1日から平成33年12月31日までの間に自己又は自己と生計を一にする配偶者その他親族に係る一定のスイッチOTC医薬品の購入の対価を支払った場合において、その年中に支払ったその対価の額の合計額が1万2千円を超える時は、その超える部分の金額(その金額が8万8千円を超える場合には、8万8千円)について、その年分の総所得金額等から控除する。

とあります。

・・・ながったらしい。

スイッチOTC医薬品”という聞きなれない言葉が出てきましたが、ドラッグストアなどで処方せんなしで買うことができる市販薬のことです。

一般用医薬品等(OTC医薬品)の活用術|お薬を知ろう|日本調剤

この税制を要約すると、自分と家族の分の医薬品代が年間1万2千円を超えた額を対象に所得控除できるというものですね。

そして最大対象額は8万8千円までとなっております。

控除対象となる医薬品一覧

f:id:kazumiso-s:20170113192732p:plain

では、どれくらい控除されるのか?

気になる所ですが、まずは購入した時にセルフメディケーション税制の対象となる市販薬をチェックしてみましょう。

記事執筆時点では1,500種類以上が対象となっています。

いくつかピックアップしてみると・・・

  • アレグラFX
  • バファリンEX
  • ガスター10
  • バンテリンコーワ1.0%ゲル
  • フェイタスシップ

有名所だとこれらが目につきました。

アレルギーを抑える薬だったり、頭痛薬、胃薬や湿布など身近な医薬品が対象となっています。

常用している方は年間で12,000円以上購入しているのではないでしょうか。

その他の医薬品に関しては厚生労働省が対象の一覧をPDFとExcel配布しているので、公式サイトからチェックしてみてください。

厚生労働省のセルフメディケーション税制説明ページセルフメディケーション税制対象品目一覧という見出しの下にダウンロードリンクがありますよ。

気になる控除額は・・・

さて気になる控除額ですが、厚生労働省のセルフメディケーション税制説明ページの例で取り上げられているのは以下の通り。

課税所得が400万円の方が年間20,000円の医薬品代を購入した時。

この場合、控除対象額のボーダーラインである”12,000円”を超えた額は8,000円となりますね。

この8,000円が控除対象額と算出でき、減税額は以下の通り。

  • 所得税:1600円(控除額8,000円×所得税率20%)
  • 個人住民税:800円(控除額8,000円×個人住民税率10%)

合計2,400円の節税となります。

お得!医薬品代の12%分、節約できることになります。

最大の8万8千円なら26,400円も節約!

控除対象となるには更に条件がある

医薬品類の購入費用が1万2千円以上という条件の他に、”健康の保持増進及び疾病の予防への主な取組”を行ったという証明も必要となります。

インフルエンザの予防接種、ガン検診の受診、会社の健康診断に受診した・・・などなど。

検診の領収書や診断結果の提出が必須となるので要注意です。

詳しくは、厚生労働省のセルフメディケーション税制説明ページの”健康の保持増進及び疾病の予防への取組(一定の取組)の証明方法について”をご覧になってみてください。

会社員の方は会社の健康診断を受診していれば問題なさそうですね。

まとめ

確定申告でセルフメディケーション税制として申告することで控除を受けられることになりますが、現行の医療費控除の適用を受けることができないという制限もあります。

両方とも申告対象となった年は、節税効果が大きい方を選ぶことになりそうです。

1年後に1万2千円以上の医薬品を使っているかなんて分からないという方も多いとは思いますが、医薬品類を購入した際のレシートをしっかり保存しておきましょう!

思わぬ節約に繋がるかもしれません。

それじゃ、また。

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。