iFilesの使い方~多機能ファイル管理ができるiPhoneアプリ(PC連携篇)~

iFilesのPCとの連携操作方法をご紹介致します。

アプリの基本操作に関しては、こちらの記事をご覧下さい。

価格: ¥250
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
※アプリ価格は掲載時のものです。

スポサードリンク

iPhone側で行うこと

PCとの連携は同じWiFi環境につながっている必要があります。

その状態でiPhoneからiFilesを立ち上げましょう。

画面下部にある、WiFiマークに似たようなボタンをタップしましょう!

表示されたウインドウにある「http://xxx.xxx.xxx.xxx」という部分があると思います。

このアドレスがPCと連携する時に必要になるので、覚えておきましょう!

iPhoneで必要な操作は以上です。

Windowsでの設定

続いてPC側の設定です!

まずはWindowsから!

スタートから「マイネットワーク」を開きましょう。

iPhoneのアドレスを入力

開いたら、「ネットワークプレースを追加する」をクリックしウィザードに従ってネットワークアドレスを入力する画面へ進みます。

ここでiPhoneに表示されたアドレスを入力します。

最後の「:8080」も入力が必要になりますので、お忘れなく。

正しく入力されていれば、ネットワークプレースの名前を入力する画面になると思いますので、任意で入力します。

名前を入力し、完了ボタンを押すと、iFilesのホームと同じ構成のフォルダがみえるようになると思います!

 MACでの設定

続いてMACでの設定です!

移動タブから「サーバーへ接続」を選択する、またはコマンドキー+Kを押しましょう!

iPhoneのアドレスを入力

サーバーアドレス部にiPhoneに表示されたアドレスを入力します。

+ボタンを押下した追加すれば次回からは入力不要です!

一覧表示

正しく接続されればMAC上で一覧が見えるようになるはずです!

PCとの連携

これでWindows、MACとの連携ができました!

あとは普段通り、ファイルの追加等を行えば、iPhoneでもそれが反映されてiFilesで確認ができるようになります!

_iFiles
_iFiles

これでPCからのファイル追加が可能なので、USBメモリーとしてデータの持ち運びも楽ですね!

価格: ¥250
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
※アプリ価格は掲載時のものです。


 

記事がお役に立てたらシェアしていただけると嬉しいです!

スポサードリンク

ブログの更新情報はこちらから!

コメント

スポサードリンク

  • 3GSの時にiPhoneに魅了されてしまった「ぴあろ」です。神奈川県在住で29歳のシステムエンジニア。最近スタバランチにハマってる。

    iPhoneなどのApple関連情報、使ってみてオススメと思った商品レビュー、グルメ、雑記など様々なことを記事にしています!

    詳しくはこちら

    follow us in feedly
カテゴリー一覧
月間アーカイブ
PAGE TOP ↑